フランチャイズ企業本部の利益は?

フランチャイズ企業本部の利益はどこからくるのか

フランチャイズ企業本部の利益がどこからくるのか、その儲けの仕組みについて知っていますか。

フランチャイズ企業に加盟した店舗は、本部の「ブランド」を使用できます。このブランドとは、本部企業の商品や看板から経営システムや企業のノウハウといった技術まで、幅広い分野を指した言葉です。フランチャイズ企業本部では、加盟店がブランドを使用するための加盟金(購入費)や、ノウハウなどの技術を身につけるための研修費などを設けており、加盟前に店舗からこれらの費用を徴収して利益の一部としています。

さらに、加盟店がこのブランドを継続的に使用するためには、本部へロイヤリティや広告手数料などを支払う必要があります。ロイヤリティには売上分配・粗利分配などが含まれる場合もあり、この支払いがフランチャイズ企業本部の主な利益となっています。

フランチャイズ企業における本部と加盟店の「相関関係」

フランチャイズ企業は、本部と加盟店の「相関関係」によって成り立っています。基本的に、フランチャイズは加盟店が儲からなければ本部が儲かることはなく、その逆も然りです。加盟店の売上が落ちれば本部へ支払われる利益は減り、本部の利益が少ないと加盟店へのバックアップが行えなくなります。

自店舗の利益にならないと判断した加盟店は、次々と本部から脱退してしまいます。フランチャイズ企業が利益を上げるためには、加盟店の売上だけでなく、本部による加盟店へのサポートやフォローと言った「支援」も考慮する必要があります。本部と加盟店の関係を維持することが、フランチャイズ企業を成功させる上で重要なポイントなのです。

将来的にフランチャイズ起業をする方や、フランチャイズ企業への加盟を考えている方は、この関係を意識しつつ検討してみましょう。