意外と知らない!?フランチャイズ企業本部運営の仕組み

本部と加盟店の関係性

フランチャイズビジネスとは個人でお店を持ちたいという人や、ビジネスを始めてみたいという人に対して本部側がサポートをするビジネスモデルの事を指します。特に人脈やコネもないような人が一から自分のお店を開業させたりビジネスをはじめるというのはとても大変です。開業するまでの準備ももちろん大変ですが、努力をしてお店を立ち上げたとしてもなかなかお客さんが来てくれないため売り上げが上がりません。一方フランチャイズを利用することで、本部が所有しているノウハウやブランドネームを借りながら起業することが可能です。顧客側の心理としては高い信頼を感じているため商品やサービスを利用しやすく、結果的に新規に事業を立ち上げても安定した収入を得ることができます。本部側にももちろん自社の商品を売ってもらえるというメリットがあるのです。

フランチャイズ本部儲けの仕組み

フランチャイズを実施する理由はもちろん加盟店側にメリットがあるからではありません。本部側にも大きなメリットがあるからこそフランチャイズというビジネスを実行しているのです。フランチャイズ本部側はノウハウやブランドネームを提供して小売店側に安定した売り上げを確保させる代わりに、売り上げの一部をロイヤリティとして徴収します。このロイヤリティは加盟店の売り上げによって変動する場合と売上額に関係なく毎月一定の金額を徴収する場合とがありますが、いずれにしてもこのロイヤリティがフランチャイズ本部側のメインの儲けとなっています。当然加盟店を増やしていけば増やしていくほどロイヤリティで徴収できる金額が増え、本部の儲けも増えていきます。